還暦過ぎても白メガネ

いい歳ぶっこいてチャラいメガネを愛用する勘違い爺。

第1回:初めてのクリアメガネ

初めて黒や茶以外のメガネフレームをかけたのは、確か33歳のころ。オレは単にギョロ目というだけでなく、かなりの出目金だ。黒や茶色といった濃色フレームのメガネをかけると、周囲が強調されることにより、どうしても目の圧力が倍加され、ともすると面と向かった人に威圧的なイメージを与えかねない。それを少しでも緩和するために何かいい手はないかと考えていたところ、ある日、何気なく入った地元のメガネ店で、当時はまだ珍し...

続きを読む

第0回:白メガネをかけるまで

今を去ること20年以上も前、30代前半からクリア(透明)メガネフレームを愛用している。本題に入る前に、それ以前のわがメガネ遍歴をざっと振り返っておこう。【マジメ少年期の黒メガネ】■1975年4月(15歳) 「愛と誠」の岩清水か?中学期は絵に描いたような超マジメな優等生。当然メガネもごくごく普通の黒いセルフレーム。【暗黒の始まりは高校時代】■1977年8月(18歳) 何が哀しくてここまでグレる?優等生を無理に演じていた...

続きを読む